賃貸物件の最近の傾向

住宅数の変化と現状の様子

このところの不動産バブルと言える状態で、都市部の新築の住宅の数は非常に数を増やしています。その影で、日本の住宅の空き家率はどんどん上がっているのが現実です。
都市部の比較的新しい賃貸物件も、ただ駅から近くて家賃がそこそこというだけでは住む人がなかなか入ってくれない状態が続いています。これは住宅を購入した人の増加もありますが、不景気で収入が上がらなく、経済的にひとり暮らしができずに実家に住んでいる人の増加も原因の一つです。
これから少子化で人口は減っていくのに、住宅の建物は増え続けているので、現在、日本の賃貸物件は新しい工夫をして積極的に住み手を探さずには生き残れない状況になってきていると言えます。

最近人気が高い賃貸住宅

この頃賃貸物件で人気の形式に、シェアハウスがあります。個室は最低限の広さでも、大きめで調理がしやすいキッチンやみんなでくつろげるリビング、水まわりなどの共有施設を設備していて、シェアメイトと助けあったりできて寂しくないというメリットが受け、若い世代では人気の賃貸住宅の一つになっています。
今ではコーポラティブハウスという形式もあります。シェアハウスが単身者向けなら、コーポラティブハウスは夫婦や家族向けの物件です。一世帯分は通常のマンションくらいの間取りと広さを持ち、大食堂で食事を作る当番制があるコーポラティブハウスもあります。程よく近所の人たちとつながり、交流することができることが今の時代の空気に合っているという特徴があります。

© Copyright Space Manufacturing . All Rights Reserved.